がん保険は一時金を受け取れる。万が一のときも安心できる備えを

手術や治療に大きな費用が必要になる病気といえば、がんです。治療を受ける期間も長く、もしもの備えに加入しておきたい保険です。
がん保険では、がん診断給付金で入院前に一時金の受け取りが可能です。がんと診断されても費用の負担を軽くしてくれるがん保険を選びましょう。

保険の無料相談実施中!
保険は貯蓄!です。お金のプロの公認会計士・税理士が運営する安心の保険代理店です。
保険をキチンと見直せば、お金をたくさん増やすことできます。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク保険㈱ までお問い合わせください。
✆ 0120-017-592 メールでのご相談

 

がん保険の保障内容

一時金で受け取れるがん診断給付金

突然、がんと診断されてしまうと、ショックを受ける間もなく必要になってくるのが、治療費や入院費です。
2人に1人が発症し、3人に1人は死に至るといわれているがんですが、がんの進行状態によっては、高額な治療費を用意しなければいけません。

がん保険に、がん診断給付金やがんと診断されたら一時金を給付などと明記されている場合、がんと診断されたことを保険会社に連絡することで、一時金を受け取ることができます。
この一時金は、保険会社や保険内容によって変わってきます。自分の保険内容に、がんと診断された場合の一時金給付制度があるのか、ないのかを確認しておくようにしましょう。

がんの治療にかかるお金は、500万円以上になることもありますが、大半が100万円以下です。平均的な治療費は100万円ほどなのです。
入院費や治療費など、急に大きな出費が必要となるがんという病気に強い味方となる給付金制度といえます。

がん手術給付金は何度でも受け取れる

がん手術給付金は、がんと宣告されたあとに、治療を受けるための手術に対して支払われる給付金です。
一度の手術で終わることもあれば、何度も手術を受けなければいけないこともあります。その度に、手術費用を支払う余裕のある人は少ないでしょう。

保険会社のがん手術給付金は、基本的には、何度でも受け取ることができます。がんの治療において、手術を行なう回数は減少傾向にあります。
抗がん剤治療や放射線治療、ホルモン治療など、医療技術の発達から治療方法も変化しています。

手術を行わない治療がメインとなりつつあるので、保険会社はがん手術給付金を支払う機会が少なくなっています。
がんの手術に手厚い保障を付けてしまうと、給付金を受け取ることができる可能性は低くなっているのが現状です。

がん入院給付金は入院1日当たりで計算

がん入院給付金は、入院1日当たりで計算され、受け取ることができる一時金です。がん入院給付金は、入院日数無制限で受け取ることができる保険です。
例えば、がんの治療のため、20日間入院していたとして、入院1日当たりの給付金額が5,000円の場合、5,000円の入院給付金を20日間分で、10万円受け取ることができるのです。

がんの治療入院の例として、20日間を出しましたが、入院日数が少ないのではないかと感じる人もいるでしょう。
医療技術の発達から、がんの治療のための入院は平成17年を過ぎたあたりから減少。外来診療が増加してきているのです。

退院後に受け取ることができるがん入院給付金。保障内容は5,000円から3万円で設定している保険会社が多くあります。
入院日数が減少傾向にある現代に必要な保障内容を検討して、保険内容を決めていきましょう。

がん保険の一時金がおすすめな理由

がん治療には費用と日数がかかる

がんの治療には、最初にまとまったお金が必要となります。がんと診断されることによって、勤めている会社も休まなければいけませんし、がんの治療には入院治療の他に、通院治療を行わなければいけません。
そのため、長い期間の治療を覚悟しなければならないのです。

予定していた収入がなくなっても、当面の生活費やがんの治療にかかる入院費や手術費用、退院後の治療費や交通費などの出費は絶えません。
がん保険の一時金は、このような時に生活の支えになりうる必要性の高い保険です。

がんの治療には、進行状態やがんの種類で費用や日数にばらつきはありますが、最低でも20万円の費用が必要になっています。
この金額だけでは、たいしたことがないように感じますが、収入が不安定になってしまうリスクも想定し、長い治療期間にも耐えられる費用を準備する必要があります。

まとまった給付金が受け取れる

がん診断給付金では、まとまった給付金を受け取ることができます。
契約している保険会社の保険内容により、保障内容も変わってくるので、自分ががんと診断されたときに受け取ることができる給付金がいくらなのか確認しておくようにしましょう。
がん診断給付金は、入院費用や治療費、手術費用、その他にかかる雑費を賄うのに必要な保険です。

そして、退院後に必要になる通院のための交通費や治療費、生活費を賄うために必要な保険でもあります。
がんと診断され、慌てないためにも自分が必要になるであろう金額を書き出してみるのもよいでしょう。最低限、必要と予想される金額の保障内容になっているかを確認しましょう。

まとまった給付金が、自分の必要と予想される金額に満たない場合は、保険会社に相談してみましょう。
がん診断給付金は、働けなくなっても、すぐに安定した収入が見込める場合は50万円、すぐに安定した収入が見込めない場合には100万円が必要といわれています。自分の貯蓄状況などもふまえて話してみるとよいでしょう。

他の給付金よりも早く受け取れる

がん保険の給付金において、がん診断給付金は優先度が高く、他の給付金よりも早く受け取ることができます。
がん診断給付金は、がんと診断された時点でまとまった金額の給付金を一時金として、一括で受け取ることができる保険です。
がん手術給付金やがん入院給付金とは違い、給付条件ががんと診断された時点で決まるので、他の給付金よりも早く受け取ることができるというメリットがあります。

そのため、がん保険に加入する際は、保険会社に任せきりにするのではなく、がん診断給付金についても考えてみるようにしましょう。
がん手術給付金やがん入院給付金は、手術や入院を終えてからでないと支払われることがない給付金です。即時、必要となる費用を確保することができるのは、がん診断給付金だけなのです。

金銭面だけでなく精神的な余裕にもなる

がんと診断され、精神的にもつらい時期に追い打ちをかけるように必要となってくるのが、入院費や手術費などのがんにかかる治療費です。
精神的につらくなっているとき、金銭面だけでも不安な思いをしなくてすむようにできるがん診断給付金。治療費の心配が減り、精神的な余裕にも繋がります。

がんの治療は、通院治療がメインとなってきているので、保険会社でも通院治療をメインにした保険内容のものがでてきています。
月々の掛け金が手頃なのに、がん保険の保障内容が充実しているものなど、保障内容は様々です。
ですが、2人に1人は発症している病気なので、金銭面と精神的な余裕を保つために、準備しておいて損はない保険といえます。

がん保険の診断給付金に加入時に確認すること

がん診断給付金の支払い条件

がん診断給付金は、医師にがんと診断された時点で支払いの条件を満たす給付金ですが、保障内容の見直しを行わないまま、古い保障内容を更新していると、がん診断給付金が一度しか受け取ることができない場合があります。
このような保障内容ですと、がんが転移したときやがんが再発したときに一時金を受け取ることができなくなってしまうのです。
加入している保険会社の保険内容を確認してみましょう。

がん診断給付金では、がんと診断され治療を終えてから、2年以上経過してしていれば、何回でも一時金を受け取ることのできる保険があります。
一度、がんを患ったあとは、定期的に検査を行ないます。2年以内にがんが転移、もしくは、再発していた場合、一時金は支払われませんが、2年以上経過していれば受け取ることができるので、検討してみましょう。

また、二度目のがん診断給付金を受け取るには、2年以上経過し、治療のための入院が必要となった場合という条件がつくことがあります。
このような条件が付いているのか、付いていないのかなども確認しておくようにしましょう。
条件の少ないがん診断給付金ほど、掛け金も高くなっていきます。自分の生活を圧迫しない保障の保険で見直しを行いましょう。

上皮内新生物で支払われるかどうか

がん診断給付金では、上皮内新生物と診断された場合、一時金が支払われないことがあります。
上皮内新生物とは、上皮内がんや上皮内腫瘍とも呼ばれ、適切な治療を行えばがんの転移や再発の可能性がほぼないと推測されるがん細胞のことです。

このような初期状態のがんの場合、がんと医師に診断されても、支払われる一時金の金額が大きく減少してしまうことがあるのです。
また、がんと診断されているにも関わらず、上皮内新生物では、がん診断給付金の支払い対象と認められず、まったく一時金を受け取ることができない場合もあります。
がん診断給付金は、入院をする前に、がんと診断された時点で一時金を受け取る条件を満たしている保険です。

上皮内新生物、初期のがんと診断されたとき、一時金の給付はあるのかをチェックしておきましょう。
また、がん診断給付金の保障内容によっては、上皮内新生物と診断された場合にも、満額給付されることがあります。
条件や一時金の給付額など、わからないときは、保険会社に問い合わせてみましょう。

免責期間がある

がんは、発見が遅れることがある病気。そのため、他の保険内容とは異なり、がん保険には免責期間が設けられています。
このがん保険特有の免責期間を知らなかったために、保険の切り替えができないなどのトラブルが起こる原因にもなるので、注意しましょう。

通常の生命保険の場合、保険料の払込が完了した日から保障が開始されます。
ですが、がん保険の場合、払込が完了した日から90日間は免責期間とされ、保障が開始されるのは、90日を経過してからになるのです。
万が一、この免責期間にがんと診断された場合、保障されないばかりか契約が無効になってしまうので要注意です。

この免責期間は、がん保険の悪用を防ぐためのもの。保険会社を守るためのものなのです。
保険会社によっては、免責期間を設けていないがん保険を取り扱っているところもあります。何社か比較して検討してみるとよいでしょう。

がん診断給付金が何度でも受け取れるかどうか

がん診断給付金は、がんと診断されたときに治療費や入院費など、多額のお金を用意しておきたいときの強い味方となる保険です。
がんの転移や再発で、二度目、三度目の治療や入院が必要となったときに一時金を受け取ることができない保険ですと、費用の捻出に苦しむことになってしまいます。がん診断給付金の支払い回数や支払い条件を必ずチェックしておきましょう。

がん保険検討の際はがん診断給付金に着目しましょう

万が一、がんと診断されたときに備えておきたいがん保険です。がん保険の検討には、がん診断給付金に着目して、保険内容と掛け金を検討していきましょう。
高額な治療費と長い治療期間に備えることができる保険です。がん診断給付金の支払い回数や支払い条件をしっかりと確認し、もしものときの安心を用意しておきましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

エクセライク保険株式会社 代表取締役。2018年MDRT会員取得。
会計事務所の経営を通じ1,000社を超える顧客の税務/会計/保険/資産運用の相談に対応。
通常の代理店ではみれない顧客情報を扱っていることから、豊富な引出しを有し多くのお客さまから支持を集めている。