がん保険には加入したほうがいい?その必要性とメリットとは

医療保険に加入している人が多い中、がん保険は加入を悩む人も多いようです。
日本人の2人に1人がかかる可能性があり、死亡原因1位のがん。がん保険に加入するとメリットがたくさんあります。
自分に合った保険を探し、家族で話し合ってみましょう。

保険の無料相談実施中!
保険は貯蓄!です。お金のプロの公認会計士・税理士が運営する安心の保険代理店です。
保険をキチンと見直せば、お金をたくさん増やすことできます。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク保険㈱ までお問い合わせください。
✆ 0120-017-592 メールでのご相談

 

がん保険とは

がんを患ったときに給付金が支払われる

一般的な医療保険は、いくつもの病気やけがに幅広く対応しています。
入院や通院をすることになってしまった場合に、給付金を受け取れるので、加入している方も多いでしょう。

がん保険とは、がんを患った時のみ保障してもらえる保険のことです。
一般的には、がんになるという危機感は少なく、特に若くて健康であれば、がん保険に加入するという考えすら浮かばない人も多いでしょう。
しかし、がんは誰にでもおこりうる病気であり、若くて健康そうに見えても、患ってしまうことのある怖い病気です。

そして、その治療にはとてもお金がかかってしまいます。一般的な病気に比べて治療期間も長く、医療費の負担が想像以上に大きくかかってきます。
がん保険に加入していれば、自分や家族ががんを患ってしまったときに、高額な治療費を保障してくれます。
保険はがんにしか対応していませんが、その保障内容はとても充実しており、患う可能性が低いとはいいきれない日本人にとって、注目されている保険になります。

がん以外の病気は給付金を受け取れない

がん保険は一般的な医療保険と異なり、がんのみが保障対象となります。
がん以外の病気では、もちろん給付金は受け取れません。さまざまな病気やけがに対応している医療保険は、保険を利用する可能性も高く、加入している人も多くいます。
とはいえ、がん保険は病気が特定されており、自分はがんにはならないと考えることが多いため、加入していないという人もいます。

しかし、ほかの病気と同じで、誰にでもがんを患ってしまう可能性は少なからずあります。
日本人の2人に1人は、がんになるといわれており、日本人の死亡原因の1位です。実際に子宮がんや乳がんは、若い世代に増加しています。

検診で早期発見することと同じくらい、がんを患ってしまったときの医療費も大切です。
ほかの病気では、貯蓄でまかなえることもありますが、がん治療は桁違いのお金がかかります。
給付金は、がんと診断されたときのみですが、もし患ってしまった場合は、手厚い保障を受け取れるので安心です。

診断給付金がある

がん保険の特徴として、ほとんどのがん保険に「診断給付金」があります。
これは、がんと診断されると一時金を受け取れるというもので、保険会社によりますが、50万円〜100万円ほどが多いです。

何度でも受け取れるわけではなく、ほとんど最初にがんと診断された場合に給付されます。
しかし、初期がんといわれる上皮内新生物の診断時には、給付できない場合や、受け取れる金額が少なくなることがあり、保険会社により異なりますので、加入前に確認しておきましょう。

一般的な医療保険にオプションとして、がん特約をつけるという考えもありますが、主契約は医療保険であって、がんで保険ではないので、通常の医療保険を超える保障は付けられず、診断給付金などの一時金は受け取れないことが多いため、注意が必要です。

また、がん保険も会社によっては、診断給付金をオプションにしていたり、条件付きの場合もあるので、加入時にチェックしましょう。診断給付金はまとまった金額が受け取れ、給付金の使い道も決まりがありません。がんでの入院準備やその後の治療、生活費などにあてることもできます。

入院給付金に日数制限がない

がん以外でも、長期の病気やけがで手術をしたり、悪化したりしたら入院をする場合があります。
ほとんどの一般的な医療保険は、入院による保障が付いていますが、日数制限があることがほとんどで、保障がわずかな日数分しか受け取れず、長期入院の場合は自己負担になってしまいます。

がん保険では、入院による給付金に日数制限がないことが特徴です。
がんでの入院は長期になることも多く、医療保険だけでは不安ですが、安心して治療に専念できます。
また入退院を繰り返すことも多いことから、回数にも制限がありません。

抗がん剤を受ける期間のみ入院したり、複数回手術をしたりする場合に、再度入院するようなときでも、入院保障が可能です。
以前に比べて、がんで入院した場合の日数は、全体平均で短くなってはいますが、日数や回数を気にしなくてもいいので、安心して治療できます。

手術がある場合は手術給付金を受け取れる

がんの治療として、手術を受けて切除する場合も多くあります。最近では初期がんであれば、内視鏡での手術も可能になりました。
内視鏡での手術は、平均で30万円前後からといわれていますが、通常の切除術であれば、100万円単位でかかることも多く、手術内容や病院にもよりますが、一般的にかなり高額になります。

がん保険では、手術を受けた際の保障もあります。基本項目に、手術保障が含まれている保険もあれば、オプションで希望して付けてもらうこともできます。
給付金は、1回の手術で10万円〜20万円が目安ですが、保険会社によって大きく差があります。
万が一、がんになった場合に手術を選択するか、ほかの治療法を選択するかなど、自分の希望に合う保険を見つけましょう。

手術重視で検討する場合は、1回で100万円保障がつく保険もあります。
また、回数も無制限で手術保障してくれる保険もあります。手術は高額になることから、治療で手術も検討している場合は、手術給付金が手厚く受け取れる保険に加入しておくと安心です。

通院給付金が付加されている場合もある

近年では、がんを患っても仕事を続けたいと希望する方が増えました。長く入院するより早く退院して、通院治療しながら仕事をしている方が多くいます。がん保険には通院すると受け取れる、通院給付金を付けられる保険もあります。
1日通院すると平均5,000円〜10,000円ほどが受け取れます。通院給付金を受け取るためには、保険会社により規定があることが多いので、加入の際にチェックしておきましょう。

抗がん剤治療や放射線での通院治療は、通院給付よりも、治療に対しての給付金が充実している保険を選択したほうが、お得になる場合があります。
放射線治療などは、1回の治療に高額な医療費がかかるため、通院保障だけではまかなえないことが多いからです。

また、通院保障には規定が多く、条件により受け取れないという場合も出てきます。
働きながら通院治療をしたい場合は、通院保障と抗がん剤治療、放射線治療保障を、同時に手厚く保障している保険があれば、ベストでしょう。

免責期間がある

がん保険には、90日間の免責期間があります。通常の医療保険は、契約後に1回目の支払日から保障開始になることが多いですが、がん保険は契約して1回目の支払日から90日経過しないと、保障が開始されません。
仮に、この90日間中にがんと診断されても、給付金を受け取れません。

この期間、保険会社はがんになったと報告を受けても、加入者に支払う義務がありません。保障は開始されませんが、加入者はその間も、毎月の保険料を支払わなければなりません。

がん保険は支払い額が高額になることから、悪用されるおそれがあります。
また、がんと診断される経緯はさまざまなパターンがあり、自分でしこりや不調を感じ、それからあわててがん保険に加入する方もいます。
加入している方の平等性をはかり、悪用をされないために、90日間の免責期間が設けられています。

保険を切り替える場合は注意が必要で、新しいがん保険に切り替えて、すぐ以前の保険を解約しないことが大切です。
90日間は支払う保険料が重複してしまいますが、万が一のため、90日を過ぎてから、以前の保険を解約するように気をつけましょう。

過去にがんになった経験がある人は加入できない

がんは再発などのリスクがあり、その治療費も高く負担になることから、過去にがんと診断されたことのある人は、基本的にがん保険に加入できません。
しかし、近年では保険会社によって、がんになったことがある人でも、加入できる保険が登場しています。
一度がんと診断され、貯蓄などで治療費を払った人も、再発時には保険に加入しておくことで、経済的負担を減らせます。

過去にがんを患った人が保険に加入する場合、会社により細かく条件が定められています。
がんと診断されてから数年経過していて、現状が良好であることが条件というところが多く、部位やがんのステージなどにより、制限がされているところもあります。

また、最初の診断結果が初期のがんであれば、加入が可能という保険会社もあります。月々払う保険料は、どの会社も通常のがん保険に比べて、高めに設定されています。
しかし、過去にがんを経験していると、細かい条件により加入できない場合もあります。
健康な状態で加入しておき、再発時にも対応している保険を選んでおくと安心です。

がん保険の必要性とメリット

60歳を迎えるまでに5人に1人はがんになるリスクがある

日本人ががんを患う可能性は、2人に1人といわれていますが、高齢者が大半を占めています。
しかし、60歳になるまでに、5人に1人はがんになってしまうリスクがあり、低い確率とはいい切れません。
若くて健康だと、がんにはならないと思っている方が多いですが、特に近年は乳がんや子宮頸がんなど、若い世代にも増加しています。

さまざまな治療や、高度な先進医療技術が進歩してきていますが、それでも日本人の死亡原因の1位ががんです。
食生活が欧米化してきて、インスタント食品やファーストフードなども周りにとても増えました。野菜や果物不足や、生活習慣ががんの大きな要因となり、若い世代でもがんになる傾向が増えています。

特に若い間は、がん保険に加入している人は少ないですが、もしがんを患ったら、家族にも大きな経済的負担がかかります。
シンプルながん保険であれば、月々の保険料はとても低価格ですが、もしものときに手厚い保障が受けられます。

年齢が上がる程がん罹患率が高くなる

若い間でもがんになる確率はありますが、30代より40代、40代より50代と、年齢が上がるほど、その確率は高くなります。
60歳までに女性は徐々に増加していきますが、男性は45歳を過ぎると、急激にがんと診断される人が増えます。

そして60歳を過ぎると、急激に一気に増加します。
男性はホルモンの関係や、定年を迎え生活習慣が変化すること、また長年の喫煙と飲酒の量が多いことなどから、女性より急激にリスクが高くなるといわれています。
そして、女性は早めにがん保険などの備えをしますが、男性は自分からはしない場合が多いので、家族で話し合うことも大切です。

がん保険は、高齢になってからリスクが高くなるので、そのときに加入すればいいと考える方もいます。
しかし、高齢になると持病がある人が増えることから、審査も厳しくなります。そのため、いざ加入しようと思っても、がん保険に加入できず、保障が受けられない人も多くいます。

また、月々の保険料は、年齢が若ければ若いほど安く、高齢で加入すると高くなります。
年齢を重ねると、保険に加入したくてもできないのに、がんになるリスクはどんどん増えてしまいます。
歳を重ねたときに、安心して過ごすためにも、働きざかりの健康な間に加入を検討しておきましょう。

がんは長期治療となり高額な治療費が必要となる

がんは初期がんを除くほとんどが、長期治療となります。
手術費用も高額ですが、長期入院により仕事ができないため、収入もなくなります。
抗がん剤治療や放射線治療の場合も、治療期間が長引くことで、経済的な負担が続くことになり、家計が苦しくなってしまいます。

がん以外の長期治療とは異なり、1回ごとの治療費がとても高額になり、終わりが見えない長い戦いのため、十分なお金がなければ、治療が途中で受けられなくなってしまうこともあります。
そのため、保険に加入していない場合は、貯蓄を崩して治療費や生活費にあてたり、家族が負担して支払っていくことになります。

退院後も、すぐに仕事に復帰できるかわからず、通院治療を継続することも多いため、収入が安定しない中、医療費は常にかかります。
がん保険に加入していれば、長期に渡る治療も無制限でカバーしていることが多く、長引く治療になった場合でも安心です。
経済的負担が減るので、途中で中断することなく、完治するまで十分に治療を受けることが可能になります。

稼ぐ人ががんになった場合に収入がなくなる

一家の大黒柱であるご主人など、世帯主ががんを患ってしまう場合もあります。
家族の生活を支え、家計のほとんどを稼いでくれていた人が働けなくなったら、突然収入がストップしてしまうことになります。
がんではない病気で治療する場合、傷病手当や貯蓄などで、求職中の治療費や生活費をまかなえますが、がんの治療は長期に渡ります。
また、復帰できても、今まで通りの仕事が継続できるとは限らず、収入が減少することもあります。

大切な人ががんと診断されると、本人も含め、家族もとてもショックを受けます。そして、治療費や生活費の問題が出てきます。
健康に働いてくれて、収入も安定した生活を送れていても、突然がんと診断されるケースも少なからずあります。

子育てに家事、そして仕事を日常頑張ってくれている家族が、自分のほかにいたとしても、収入は減りますし、がんになれば看病もすることになります。
がん保険に加入しておくと、精神的に助けられ、家族の負担を少しでも和らげられます。一度、家族で話し合ってみる機会を作ってみることが大切です。

がん保険に加入していれば経済的負担が軽くなる

がん保険は、一般的な医療保険に比べて保障金額が高く、がんに対してさまざまな給付金を受け取れます。最近では、がん保険に診断保障がついていることも多く、がんと診断された時点で、まとまった金額が支払われます。
保険会社によって、手術、抗がん剤、放射線のどの治療を重点的に行うかで、保障内容も異なりますが、ほとんどのがん保険で、高額ながん治療費が手厚く保障され、治療費用をまかなえます。

オプションで、先進医療の保障を付けることもできる保険が増えてきました。最先端の高度な医療技術には、数100万円〜数千万円必要といわれていますが、保障が付くことにより、数万円の負担で受けられます。

がん治療はどれも高額ですが、保険に加入して保障してもらうことで、経済的負担が少なくなり、安心して希望通りの治療が受けられます。
通常の医療保険に加入しているだけでは、がん治療などの高額の場合では、結局カバーしきれないことが多いので、見直してみる必要があります。

長期治療や入院になった場合でも安心

一般的な医療保険と、がん保険の大きく異なるメリットとして、入院給付金の日数制限が、無制限ということが大きいです。
通常の医療保険のほとんどは、入院最大何日まで保障という日数制限がついています。

しかし、がんは入院が長期に渡ることが多く、制限が付いていると、制限を越えてしまった入院については、保障されないことになり、そのぶん経済的負担が大きくなります。
がん保険に加入していると、入院についての日数や回数が無制限なので、長期入院や繰り返し入院になっても、経済的に安心です。

退院後に通院して、治療を継続する場合は、通院給付金が付加されていれば、通院費用も軽減させられます。
通常の医療保険の給付対象として、がんも含まれていたり、オプションでがん特約を付けているので、がん保険には加入しないという考えの方もいると思います。

しかし、その場合は日数制限が決められていたり、がん保険ほど保障額が高額ではないことがほとんどですので、注意しましょう。
がん保険であれば、長期治療や入院になった場合でもしっかり保障してくれるので、心配することなく治療に専念できます。

医療費が高額で治療できなくなることを防ぐ

がん保険に加入しておらず、貯蓄などで支払うことにした場合は、治療開始時は問題ありませんが、治療が長引いてしまったときに、支払えなくなってしまうことがあります。
特に抗がん剤治療や放射線治療は、1回あたりの治療費が高いばかりではなく、治療が長期になる場合が多く、経済的な負担が継続することがほとんどです。
仕事ができないので収入が途絶え、貯蓄はどんどんなくなっていくと、治療を受けたくても受けられなくなってしまう方もいます。

一般的な医療保険と異なり、がん保険はがんのみの治療に対して、手厚く保障してくれます。
医療費が高額だったり、長引いて治療費が払えなくなることを防げて、安心して継続して治療を続けられます。
がんは転移する病気で、治療を中断したり、がん細胞が残ったりすると、増殖して命にもかかわります。

通常の保険のみでは、日数や回数に制限があり、金額も高額保障ではなく追いつきません。
また、高額な手術費用もがん保険でカバーすることもでき、高額なので治療を断念するということもなく、希望通りの治療を選択して受けられます。

がんにより仕事ができなくなったときの保障になる

がんと診断されても、働く意思がある方はとても多く、実際に通院で治療しながら、仕事を続けている方もいます。
手術を受ける場合には、入院など必要ですし、がんの状況によっては仕事に復帰することが難しく、退職する方もいます。
仕事ができないと本人も辛いですが、家族にももちろん負担がかかります。

仕事ができない状況では収入がなくなるので、医療費と生活費を支払うことが大変になり、貯蓄や家族に負担してもらうこともあります。
がん保険に加入していると、まとまった金額や治療に応じて、高額な給付金を受け取れて、仕事ができなくなった場合でも、精神的負担を軽減できます。

傷病手当など、公的な手当だけではまなかえず、貯蓄を切り崩してしまうことを予防し、経済的な大きな支えになります。仕事ができているときには、その生活はあたりまえのことですが、万が一を考えておくことは大切なことです。

終身保険のがん保険

アフラック

がん保険契約件数1位のアフラック。がんを患ったときに行う手術、放射線治療、抗がん剤治療は、がんになった方の97.6%もの人が行う治療です。
この三大治療を、すべてしっかり保障してくれます。手術に関しては回数無制限で、保障、放射線治療は60日に1回の条件で回数無制限、抗がん剤治療も600万円までと、制限はありますが受け取れます。

すべてに保障が手厚くついているので、がんを患ってしまった後に、どの治療法を選択しても安心です。
入院ももちろん日数無制限。通院も無制限保障がついています。また、診断給付金も付いており、がんと診断されたら、100万円の給付金を受け取れます。
オプションとしてニーズに合わせて、先進医療特約や再発時にも診断給付金が受け取れるなどの特約を、希望で付けられます。

女性特有のがん保障プランもあり、乳がん時の乳房再建保障など内容も充実しています。
がん保険は、以前は手術が主流でしたが、アフラックは放射線や抗がん剤治療もしっかり保障。幅広いがん治療に対応し、現在の治療に合ったがん保険といえます。

メットライフ生命

メットライフ生命も、がん治療のメインになる三大治療の保障が充実しています。治療の回数制限はありますが、まとまった金額を受け取れます。
手術、放射線、抗がん剤治療のいずれにも対応しているため、自分の状態に合った治療法を選択できて安心です。
1年に1回を限度に、通算5回まで100万円のがん治療給付金が受け取れます。また、ホルモン剤治療も保障しており、1年に1回を限度に10万円受け取れます。

ガン診断保障に関しては、オプションで希望になりますが、付けておくと、がんと診断された時点で50万円受け取れます。
また、初期がんといわれる上皮内新生物は、ほとんどのがん保険が対象外、または少額保障ですが、メットライフはカバーしており、がんと診断された時点で25万円保障してくれます。

この診断保障給付金は、診断初期の治療開始前にまとまった金額を受け取れます。
また、上皮内新生物を除き、がんと診断されたら、以降の保険料は不要になることも魅力です。オプションでは、ほかにも先進医療や入院通院保障など、自分の希望で付けられます。

チューリッヒ

チューリッヒのがん保険では、1回の手術より、長く高額になる放射線と抗がん剤治療に力を入れています。
この治療を受けた月ごとに、10〜60万円の治療費を回数無制限で受け取れます。入院していなくても可能で、仕事をしながら治療を続けたい人にとっては、とても魅力的です。

高額になる放射線治療などでも、回数制限がないので、安心して治療継続できおすすめです。基本的な主契約がこの保障で、自分の治療スタイルや希望によって、さまざまな特約を組み合わせることができます。
シンプルなので基本料金は安く設定されています。がんと診断されたときに給付金を受け取りたいか、日数無制限の入院保障や、10万円〜60万円受け取れる手術保障はどうするかなど、オプションを自由に組み合わせ、自分の希望に合ったがん保険が作れます。

以前は手術保障が手厚いがん保険が主流でしたが、最近は放射線や抗がん剤治療を希望する人が、増えてきてます。チューリッヒは、保障も月ごとに無制限で魅力的なので、ほかのがん保険と併用して、加入している方も多い保険になります。

がん保険はガンに対する保障が手厚い

一般的な医療保障に比べて、がん保険は病名が特定されていることから、加入を躊躇する場合が多いです。しかし、その保障内容はとても手厚く、メリットがたくさんあります。
医療保険のオプションで、がん特約を付けているだけでは、金額や保障内容もまったく異なります。

がんを患う可能性は、健康に見える人でも、若い人でも誰にでもあります。そして、もし患ってしまった場合の治療費はとても高額で、仕事ができなくなってしまう可能性もあります。
がん保険は、想像よりも低価格で保障内容が充実しており、加入しておくと安心感が得られます。ぜひ一度、大切な家族とがん保険について話し合う機会を作ってみましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

エクセライク保険株式会社 代表取締役。2018年MDRT会員取得。
会計事務所の経営を通じ1,000社を超える顧客の税務/会計/保険/資産運用の相談に対応。
通常の代理店ではみれない顧客情報を扱っていることから、豊富な引出しを有し多くのお客さまから支持を集めている。