がん保険への加入は必要?もしもに備えて安心を手に入れよう

がんは日本人の死因の1位といわれ、2人に1人がかかる可能性があります。
医療保険に加入している人は多いですが、がん保険は先延ばしにしていませんか?
最近は入りやすいシンプルながん保険も出てきました。加入を検討して、安心した毎日を送りましょう。

保険の無料相談実施中!
保険は貯蓄!です。お金のプロの公認会計士・税理士が運営する安心の保険代理店です。
保険をキチンと見直せば、お金をたくさん増やすことできます。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク保険㈱ までお問い合わせください。
✆ 0120-017-592 メールでのご相談

 

がん保険が向いている人

がん家系である

親、兄弟、親戚などの親族が、がんになった人が多い場合、一般的にがん家系といわれることがあります。
家族にがんが多い場合は遺伝性を疑い、ほとんどの人が心配になるでしょう。しかし実際は、遺伝による可能性は5%程度です。
家族は生活習慣が似ていて、がんになりうる食事の内容や調理法が同じになることが、主な原因といわれています。

家族を含め、身近にがんになった人がいると、その病気の大変さや経済面での負担の大きさを痛感します。
そのため、若い人でも早い段階でがん保険の大切さを知り、加入を検討することも多いでしょう。

がん家系の方は、自分もがんになってしまうかもしれないと考える割合が高く、食事内容を自分だけ変えたり、免疫力を上げる努力をしていても、どこかで不安が残ります。
がん保険に加入しておくと、少なくとも経済面での不安は解消できます。

がん保険が気になっている人

がん保険も最近はたくさんの種類があり、内容や価格もさまざまです。若く元気な人でも、がんになってしまう可能性があるということを、テレビなどを通して知らされることも多くなってきました。
そのため、検診の大切さとともに、がん保険の大切さも考える人が増えています。

もし気になっているなら、がん保険について調べてみましょう。
毎月少ない金額で得られる安心感と、もしものときの経済的サポートなどのメリットが、たくさんあります。

また結婚や出産を期に、がん保険について考える人もいます。医療保険は加入していても、がん保険は加入していないという方も多いので、気になったら自分の保険を見直し、加入状況を調べてみましょう。がんは、大切な家族の生活にも影響を与えます。
ぜひ家族みんなで検討して、自分たちに合った保険を探してみましょう。

安心感を得たい人

医療保険やがん保険は、高額になる医療費の負担を減らし、経済的にサポートしてくれます。そして加入していれば、もしものときに安心感が得られます。

がん保険のタイプはさまざまですが、シンプルなものであれば、月々の保険料も低料金で加入できます。
医療保険だけでは不安を感じていたり、もう少し歳を重ねてから加入するつもりだった方も、さまざまなタイプがありますので、検討だけでもしてみましょう。

一般的ながん保険は、がんと診断されたら100〜300万円受け取れる保険が多く、入院や手術費に至るまでサポートしてくれるので、経済面での心配をせず治療に専念できます。
また、先進医療特約などもあり、通常最先端の治療を受けるにはとても高額ですが、保険のおかげで高度医療も受けられるようになりました。医療保険だけではカバーできないものも、がん保険に加入しておけば安心です。

がん保険が不要な人

貯蓄が十分にある

がん保険は経済的負担を和らげ、安心も得られるのでおすすめですが、保険には頼らずに、自分の貯蓄でまかなうつもりで加入しない方もいます。
がんと診断されると、入院代に手術費用、放射線や抗がん剤の費用など、とても高額な医療費が発生します。
がんの状態や治療にもよりますが、退院してからもしばらくは通院や治療を継続することがあり、仕事に復帰するまでは収入がなくなります。

家族を養っている場合は、その生活費も必要になるため、かなりのお金が必要になってしまいます。
しかし医療費や当面の生活に困らないほどの貯蓄が十分にあり、金銭面での心配がまったくない場合は、保険の加入は不要でしょう。

もしも、貯蓄でまかなう場合は、入退院を繰り返したり、再発したりなどの可能性も考えておくことが重要です。
仕事に復帰できなくなったとしても、医療費や生活費を払っていけるほどの十分な貯蓄が必要になります。

幅広い医療保険を希望する人

がんだけではなく、さまざまなパターンを考えて、保険に加入したいという方もいます。通常の医療保険は、一般的な病気やけがでの通院や、入院を保障してくれるものです。
そこに、がん保険を付け加える方がもっとも多く、がん治療には特にお金がかかるのでおすすめですが、がん保険は不要だという考えの方もいます。

傷病手当や、高額療養費などの公的医療保険も利用すると、条件により給付されることもあります。
医療保険では、自分に合った女性特約や、先進医療特約、三大疾病、給与サポートなど、さまざまなパターンを組み合わせることもできます。がん保険という形ではなく、部位を限定したがん特約というものもあります。

日本人は死因の1位ががんで、その治療費も高額になることから、がん保険に加入をする方が多いですが、選択は自由です。
自分に合ったタイプを探し、納得して安心を手に入れましょう。

治療しない意思がある人

年配の方では、がんと診断されても、治療しないという選択をする方もいます。
手術に耐える体力がなかったり、つらい抗がん剤治療を拒んだりなど、理由はさまざまですが、治療しない意思がある場合は、がん保険は不要と考える家族もいます。

しかし、実際に自分ががんになると、手術を望んだり、治療をしてもらいたいと考えが急に変わったりすることも少なくありません。
そして、治療しない意思があっても、がんばって治療して欲しいと、家族が願うことも多いでしょう。

また、がん治療はしなくとも、保険に加入していれば、がんと診断された時点でまとまった金額を受け取れて、その後の療養や介護生活の経済的不安を和らげてくれます。
緩和治療にもお金はかかります。治療しないなら、がん保険は不必要と思うかもしれませんが、加入しておけば安心感は得られます。

本人も希望せず、家族で加入しないことに決めたときは、保険以外でほかに受けられる公的医療保険や年金制度について、必ず調べておきましょう。

保険料を貯蓄に回したい人

保険は、もしものときの経済的なサポートと安心のために加入するものなので、保険料を払うことに否定的な考えの方ももちろんいます。
掛け捨てではなく、数年ごとにお金が受け取れる保険もありますが、少しの保険料も払いたくなく貯蓄に回す場合は、十分に蓄えておく必要があります。

保険に加入しないということは、高額な医療費や仕事ができない間の生活費も、すべて貯蓄でまかなうことになります。
毎月給与を使いきり、貯蓄してなければ保険にも加入していないとなると、なにかあった場合のお金がないため、治療が受けられないばかりか、退院後の生活の不安も残ります。

病気になると、自分の家族にもとても大きな経済的負担がかかります。
自分と家族のことをきちんと考え、負担がかからないほどの貯蓄を十分にしておきましょう。掛け金がとても安いタイプに加入しておき、貯蓄もしていくという考えもあります。

がん保険が必要といわれている理由

がんになる可能性は低くない

誰もが歳を重ねて免疫力が低下し、病気をするようになると、がんの心配もするようになってきます。
若いうちは、身近にがんになった方がいなければ、現実的に考えられずに遠い存在かもしれません。しかし、若く健康に毎日を過ごしていても、がんになる可能性は誰にでもあります。
とくに乳がんや子宮がんは若い人に多く、症状が出ないうちに進行が早いことから、きちんと検診を受けて、保険も考えておくことが大切です。

2人に1人ががんにかかる時代で、可能性は決して低くありません。そのもしもが家族や自分の大切な人だったときに、がん保険に加入していれば安心です。
経済的な心配をせずに、治療や看病に専念できるよう、自分や家族に合った保険を検討しておきましょう。

がん治療は高額になる

病気もいろいろありますが、がんの治療にはとても高額な医療費が必要になってきます。入院が長期になることもありますし、手術や放射線治療も高額です。
安いといわれる内視鏡による切除術でも30万円前後から、通常の手術であれば、平均で130万円くらいからといわれています。

抗がん剤治療は、1サイクルを数週間にかけておこない、1サイクルで平均100万円前後が多く、放射線も60万円前後ととても高額です。
高度技術の先進医療を使用する場合は、数百万円〜数千万円かかります。また、退院後も通院やリハビリもあります。

がん保険は、このような手術などの高額医療費を保障してくれます。金額や内容は保険会社によって異なりますが、加入しておくと、少ない負担で済むことが多くとても安心です。

1度治っても再発リスクがある

がんは、悪い部分を手術して退院できたとしても、再発のリスクがある病気です。血液やリンパの流れで転移してしまうことも多く、数年後に同じ個所に、またがんができることもあります。
再発は、がんになった患者の5〜10人に1人の割合でおこります。再発した場合は、また入院して手術が必要になったり、抗がん剤などの治療を行うことに。そのときは、さらに医療費が必要になり、経済的な負担がもっとかかります。

がん保険は内容によっては、再発でも保険が適用されるものも多くあります。いろいろな条件や、何年以内などの規約があるものが多いので、加入時にその保険の特徴を調べておきましょう。再発時もカバーできる保険だと、より安心感があります。

がんにより仕事ができなくなる可能性がある

がんと診断されても働きたい人は約76%といわれ、多くの人が仕事を続けたいと希望しています。初期がんの場合は比較的早く退院でき、職場復帰できることが多いですが、しばらくの間、通院が必要です。
がんの種類やステージによっては、化学療法をおこないながら仕事をする方もいます。しかし休むことが多くなったり、副作用で今までと同じ仕事ができるとは限りません。

がんと診断された3人に1人は、退職をしていまが、がんにより仕事ができなくなる可能性もあります。
収入がなくなると治療費だけでもなく、生活費も心配になり、貯蓄もできなくなってしまいます。少しでも経済的不安を和らげるためにも、がん保険や医療保険は大切です。

保険の内容によっては、給与サポートというものもあります。傷病手当などの公的医療保険制度と併用し、がん保険での保障も受けられれば、仕事ができない状態になっても、安心して治療を受け続けられます。

がんと真剣に向き合おう

がんについて、特に若い間は深く考えることは少ないかもしれません。しかし、誰でもがんになる可能性は少なからずあります。
検診での早期発見が重要といわれていますが、同じくがん治療を安心して受けるためには、十分なお金も必要です。
最近の医療技術は進歩しましたが、がんと向き合って治療していくためには、とても高額な医療費が必要になります。

がん保険は、基本的なシンプルなものであれば、とても安く加入できます。保障内容は、結婚をしたり子どもができたり、年齢を重ねてきたりした場合に、また見直しもできます。
まだ加入していない方は、一度家族と話し合い、自分たちに合ったがん保険を調べてみましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

エクセライク保険株式会社 代表取締役。2018年MDRT会員取得。
会計事務所の経営を通じ1,000社を超える顧客の税務/会計/保険/資産運用の相談に対応。
通常の代理店ではみれない顧客情報を扱っていることから、豊富な引出しを有し多くのお客さまから支持を集めている。